naturavia |

10月出版 先行予約受付中 GHEE -奇跡のオイル- P200

¥2,420

税込

〈本書の特典〉
栄養分析研究機関(約40万円相当)にて、ギーの全ての栄養素と脂質10種類以上の詳細、その他の栄養分析やpHなどを丸ごと掲載(バターオイルは日本初となる分析結果)。
☆ 短鎖脂肪酸(酪酸/ブチル酸)、ビタミンD、共役リノール酸、オメガ3などが世間の見解(豊富に含まれている)とは異なっています。(理由:ギーの栄養分析が今までされていないため。栄養機関、研究機関においても「バターオイル」自体の検査項目がないため)

◇ こんな人にオススメ
愛をもって生きている人
愛を高めて生きたい人
VEGAN思考だけど大衆と調和を図りたい人
VEGANだけど聖なる命の恵みのギーは取り入れてみようかなと感じている人
健康・美容・ダイエットしたい人
医者や薬でも病気が治らない人
乾燥肌、アトピー、便秘、生理痛などに悩んでいる人
アスリート選手(次世代のスポーツ栄養×地球ケアを取り入れたい人)
すぐ怒ってしまう人[アーユルヴェーダではピッタ(熱)を冷ます]
108の宇宙の神秘を信じている人(ギー大さじ1スプーン108kcal)

◆ 「ギーって何?」現地インドのアーユルヴェーダ医師や関係者への調査、インドに長年滞在したヨガ指導者・VEGAN栄養士・マクロビオティック料理実践家
が調査・監修し「科学と精神」両方の面からオーガニック放牧飼育グラスフェッドギーを分析。日本ではじめてとなるギーの栄養分析の結果を丸ごと掲載。インド人に教わったギーづくり、留学中に世界のギーやバターの比較研究、全国の放牧酪農家の調査や現地調査(岩手県など)、グラスフェッド表記の真実、10年以上のギーライフの実践経験、放牧ギー商品の製造・販売経験を基にギーの真実を暴いた1冊。

目次

第一章 栄養学
-栄養とは
-カロリーとは
-3つのエネルギー消費
-3つの生命維持機能-ケトンダイエット-
-ブドウ糖
-血糖値とホルモン
-ビタミン補酵素

第二章 油と肥満と病の関係
- 脂肪の概要
-肥満
-生活習慣病の元凶・リンゴ型肥満
-第6の味覚-脂身-
-脂質異常症

第三章 脂質論争60年
-脂質は悪なのか?
-1960年代〈肉・バターが悪となる〉
-1970年代〈すべての脂質が悪ではない〉
-1980年代〈脂質は悪である〉
-1990年代〈トランス脂肪酸が悪である〉
-1997年〈不飽和脂肪酸が体に良い〉
-2000年代〈再 飽和脂肪・トランス脂肪酸が悪である〉
-2014年〈バターが帰ってきた!〉
-2015年〜〈再 不飽和脂肪酸が体に良い〉
-糖質制限食の台頭時代
-栄養士〈常識〉と糖質制限派の見解
-研究者の共通点〈常識〉
-糖「類」制限食の心提言
-2021年〈現在〉

第四章 GHEE -奇跡のオイル-
-GHEEとは何か?
-ギーの火付け役?バターコーヒー
-バターとは何か?
-乳製品の起源と歴史
-ドイツのシュマルツ
-ギーの特徴6選
-栄養分析試験結果〈日本初〉
-伝承医療「アーユルヴェーダ」
-ギーとバターの違い3選
-1スプーン108の神秘
-科学的検証
-世間の7つの見解
-科学か精神か
-ギーと仏陀
-グラスフェッド(牧草飼育)
-ギーの使い方おすすめ10選
-パンチャカルマ〈スネハパナ〉
-ドーシャ体質診断チェック
-ヴァータ〈風〉×ピッタ〈火〉×カパ〈水〉
-チャワンプラーシュ
-奇跡の果実アムラ
-スパイス×GHEE7選
-ギーレシピ
-ギーの作り方

第五章 地球のみらい
-2030年からの危機
-ギー×地球
-国内の放牧酪農の現状
-放牧酪農が日本で普及しない理由
-グラスフェッド記の真実
-穀物飼料はなぜいけないのか?
-野草と牧草の違い

-山地酪農(奇跡の酪農)が日本を救う
-山地酪農家 吉塚公雄氏のお話し

-GHEE命の恵み
-GHEEはVEGANと肉食の架け橋的存在
-新人類GHEEGANのすゝめ
-料理は宇宙
-黙食瞑想
-ヒポクラテス

[注意]
書籍単品の購入の場合

配送方法は郵便局のレターパックライトです(郵便ポストに投函)
※ 書籍2冊以上の購入は佐川急便にて直接のお渡し配送となります

You may also like

Recently viewed