naturavia

NEW 4/5個限定 岩手県 山地酪農100%グラスフェッドバター 100g

¥3,500

税込

次の販売は未定です。
☆ 山地生乳1ℓ→バター約40g(約4%)
☆ 乳製品アレルギーでも飲める人が続出中、聖なる生乳からバターを製造。
☆ 田野畑山地酪農:牧草のみの完全100%グラスフェッド、野草50種類以上飼育(国内唯一と言われています)のため、穀物牛舎飼育と比べて70%搾乳量が減少。

※ 有機JAS認証はあえて取得していないが、完全オーガニック100%同水準の飼育です。

「オーガニックグラスフェッドとグラスフェッドの違い」
オーガニックグラスフェッド:100%牧草飼料
(安心・安全の自家貯蔵牧草100%)

グラスフェッド:放牧飼育が主体
世界的にも冬の寒い時期は牧草が育たないため、穀物補助飼料や輸入牧草(農薬・化学肥料・遺伝子組み換えなどと関わる)を使用(一般的)。

[希少で高価な理由↓↓]

奇跡① 51ha(東京ドーム11個分)に牛40頭24時間放牧
本来の牛のあり方を愛情をもって育て家族全員で体現中

奇跡② 国内野草度No.1
放牧酪農:野草3種〜7種が通常(牧草飼育)
田野畑山地酪農:自家貯蔵牧草飼料100% 野草50種以上 国内唯一

奇跡③ 牛1頭の搾乳量
一般酪農:40〜50kg/1日
田野畑山地酪農:10〜15kg/1日 → 牛・地球に優しい自然な量

奇跡④ 母乳
一般酪農:母乳は子牛には与えないのが常識
田野畑山地酪農:母乳を子牛に与えて育てている(母乳栄養分、ふれあい、牛の心にも影響)

奇跡⑤ 屠畜
年に数頭
(この頭数は一般常識から考えると奇跡です。酪農、家族を養っていく上でこの規模の屠畜は自然なことです。決して虐待とは異なります。家族は大切に牛に愛情を注いで育てています。)

奇跡⑥ 寿命
一般酪農:約5〜6歳(=屠畜数の割合が非常に高くなる)
山地酪農:10歳前後が基本。中には15.6歳まで現役で搾乳実現
理由:草を食べ自由に放牧されている事。
 またサプリメントの不使用やホルモン剤の不投与が大きな違い。(生産者談)

奇跡⑦ 搾乳年数の違い
一般酪農:4〜5年:お乳が地面に着くぐらいパンパン
田野畑山地酪農:8年以上:お乳が自然な膨らみ

奇跡⑧ 妊娠
人工授精:1本のストローから約90頭産まれる
自然妊娠:1頭が産まれる

 [商品特徴まとめ] 
・自家貯蔵牧草飼料100% 野草50種類以上
・奇跡の寄り添い酪農(屠畜ほぼゼロ水準・主に母牛乳で子育て)
・24時間放牧
・牧草地づくりに20年以上 44年間山地酪農一筋
・51ha(東京ドーム約11個分)に牛40頭
・穀物飼育より搾乳量が70%以上減少
 -毎月0〜38個数量限定
・自然妊娠 寿命が一般的な酪農より2〜3倍の10歳〜16歳前後に

[山地酪農特徴] 
① 「100%牧草(野草が主)飼育」
  野草約8~9割・乾燥牧草約1~2割(自社貯蔵・無農薬)
② 24時間放牧(牛が牛舎にいるのは搾乳時のみ)
③ 元祖・山地酪農の御三家の二つ 
④ ホルスタイン種限定
⑤ 夏はサラッとした味と青草の香り冬は濃くて甘味の強い味 
⑥ 自然〝野草〟飼育だからこそ日本の四季の味を楽しめる 
⑦ 野草はニホンシバが主
⑧ 搾乳量は穀物飼育(グレインフェッド)の約1/3
自然交配(吉塚牧場)

[不使用] 
穀物飼料(とうもろこしなど)・保存料・添加物・抗生物質・成長ホルモン
農薬・除草剤・補助飼料・化学肥料
遺伝子組み換え・サイレージ(輸入牧草)など 

[栄養成分] 
脂質 99,8% 水分 0,2%
脂質 10種類以上含有(日本発 食品栄養分析結果より) 
◇ 書籍「GHEE -奇跡のオイル-」参照


自信を持ってお届けする、
国産の山地グラスフェッドバター。

100パーセント純粋な山地グラスフェッドバターは、
不飽和脂肪酸を多く含む、体にも優しいバターです。

季節ごとに自生する野草50種類以上を食べて育ち、
微妙に異なる四季の味わいをお楽しみ頂けます。

賞味期限:製造日より120日間(冷凍保存)


[GRASS-FED:牧草飼育]
※ 法律の定めがなくグラスフェッドと謳えるのは生産者次第
※ 北海道の放牧飼育は約7%のみ
※ 国内でも90%以上放牧牧草飼育(GRASS-FED)0.2%以下 
 (数値は自社調べ)

[牧草(グラスフェッド)とは?]
家畜が草の中でとくに好んで食べ栄養価が高く,収量も多いものを
人間が選抜して改良したもの(肥料などを利用)を指します。

[野草(ワイルドグラスフェッド)とは?」
表土を削らず、人の手が入らない完全に自然な草を指します。

You may also like

Recently viewed